rund’s blog

身軽に生きる。

ナリ心理学~自分を変える最強の心理学

元々、私は臨床心理士でした。

ヒトがどういう風に変わっていくか、そういう過程を知っていたつもりでした。

 

ナリ心理学、ナリくんのブログを見てから、自分はなんて気づきが遅かったのか、全然自分は本質を見てこなかったのではないかと愕然としました。

自分を変えることはこんなに簡単だったんだと今まで何してたんだろなと気づきました。

 

 

ナリ心理学特徴

私なりの解釈なんで、ご本人やナリ心理学をマスターされている講師の皆さんとズレがあったら申し訳ございません。

 

・ 自分はダイアモンド。そのくらい価値がある、それに気づこう。自己価値や自己肯定が高いひとをカルピスが濃いと言う。

・拗ねない。不機嫌が一番この世の悪。拗ねていたことに気づこう。

・我慢しない。自分はどんなことが嫌なことなのか、それに気づこう。

・ジャッジしない!他者を批判しない。ジャッジしていることは、そこに自分の弱みやコンプレックスがあって、自分に許可が降りていないこと、そこに気づこう。

・ユーモアや笑いに変換させる。アホになってみよう。

 

私の場合、まずはジャッジを辞めました。マナー違反の人や老人の哀れな承認欲求や大したことない自慢話をする人が大嫌いでした。

 

マナー違反には、世の中のルールがまだわからないんだなとかずるい私も!って思ってしまうんだななど、相手を否定し見下すことを辞めました。

老人の哀れな承認欲求といってるように、哀れなと言うのもジャッジ(笑)

承認欲求の絶えない人には、誰も認めてくれないのかな、そうだな子どもの話や大事な人の話は耳を傾けて聴こうなどと変換し、

自慢話も三蔵法師になりきって手のひらで転がすような場面を想像してみました。

 

その次に、拗ねるのを辞めました。

イラッとしたり嫌なときは、ここが今腹が立ったよと身近な人から言うようにしました。

 

それから我慢を辞めました。

まずはトイレの我慢を辞めたのです(笑)

トイレに行きたいのに、これをやってからにしようとか思わず、手を休めてきちんとトイレに行く。

それからはセーブしていたり、ちょっとした不快なものも我慢せずにやりました。

 

アホになるときは、頭の中でBGMをかけました。

吉本新喜劇のテーマソングかドラゴンボールのチャラヘッチャラ、サザエさんのエンディングテーマです。

 

嫌なやつが来たら、吉本新喜劇の曲を流すと(頭の中で)一気に皆坂田師匠になります。

 

そして帰って欲しいなと思ったら、サザエさんのエンディングテーマを流し(頭の中で)サザエさんはユカイダナーと終わらせます。

 

それでもしぶといときは、チャラ~ヘッチャラ~何が起きても気分はへのへのカッパ~チャラヘッチャラ~アタマカラッポノホウガ夢詰め込める~~~……………sparking!

と終わらせるとニヤニヤしてしまうのです。

sparking!!ッてなんだよ、って(笑)

アホになれますw

 

 

結果ですが、ジャッジを辞めるとジャッジをしたくなる人を見かけなくなります。

苦手な人が引っ越したり、疎遠になれました。

 

拗ねるのを辞めたら、何もしなかった夫が動き出し家事に協力的になり、何と今日は「最近優しくなったよね」「そんなの自分でやるよ」「ありがとうね」と言われました(笑)

子どもも聞き分けが良くなり、自らの判断で動けるようになりました。

 

我慢を辞めたら、好きなことが明確になりました。もったいないと思っていたもの(過去の栄光)を諦めて手放せるようになりました。すると、自分の得意分野を尋ねられ、教えて欲しいと言う人が増えてきました。

 

アホになったら、孤独感が消えました。

 

実践した結果、

今を大切に、自分を大切にする習慣ができて、私すごいのねって実感出来るようになりました。

私は元々ダイアモンドだと気づいたのです。

 

ナリくんは若いのにこういうことがわかってすごいなって心からそう思います。

本当に簡単なこと。

 

ジャッジを辞める

拗ねるのを辞める

我慢しない

今を生きる、と言うより今を感じる、かな

そして自分はダイアモンドだと思いだす。

 

これだけで自分と周りの状況が大幅に変わりました。いい方向にです。

次は引っ越しを目論んでいるので、実現が待ち遠しいです。

 

環境を変えたいなら、ナリ心理学のナリくんをおすすめします。

本当にびっくりするくらい、変われます。豊かな自分になれます。

 

 

ナリくんの本も買いたいな。

 

あなた何様?

あなた何様?