読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rund’s blog

身軽に生きる。

片付けに対する勝手なイメージ。断捨離、ミニマリスト、シンプリスト、ライフオーガナイザーの分類をしてみる。

~こちらの記事は個人的見解です~

 

 

片付けには大きな主流で4タイプに分類されているような気がします。

そんな片付け4派閥を勝手にイメージ考察してみました。

 

 

1、断捨離。

 

言わずと知れた、お片付けの極意。

掃除した際、大量にモノを処分することを「断捨離した~」と言うのを一般的によく聞きます。それほど断捨離=片付けという図式が世間に定着しているように思います。

しかし、断捨離アンの方、特にトレーラーになられた方にとって、捨てることだけがクローズアップされているのはちょっと心外で本当はもっと奥深いものだと感じられてるのではないでしょうか。

 

断捨離アンは使用・不使用の決断が徹底的な気がします。

元汚部屋住人と呼ばれる方が最も多いのが断捨離アンと思われます。 

そして、断捨離アンはお気に入りのものが柄物だったり派手なものがおおい気がするのは私だけでしょうか。

顔周りに明るい色を持ってくるのは断捨離アン。

また、かなりのポジティブシンキングの持ち主のような気もします。

 

 

2、ミニマリスト

 

もともとモノにこだわりがあって、好きなこと・モノに溢れた生活を送っていた人が、お気に入りだけでいいじゃないかと気づき始めて、削ぎ切った爽快感を持った人だと思われます。

結構、人間関係が苦手だったという人が多いのもこのタイプ。

しかし、同じ趣向を持った人にはとても開放的で思いやり溢れるのがミニマリストだと思われます。自分と違うからと言って排他的にならないまじめで優しい方が多いのもミニマリストのような気がします。

そして、ボーダーTシャツ所持率ほぼ100%!!白シャツ率120%!!!

 

 

3、シンプリスト

 

お気に入りのモノを整理整頓して、使い勝手がいいように生活できる人々と思われます。

物の量は多めですが、きちんとしているので多く見えない。

お片付け生活系ブログをやっている方の過半数がこの部類に入るのではないでしょうか。

カフェ巡りが好きだったが、おうちを整えたことでおうち大好き、「ほっこり」を多用するのもシンプリストの特徴です。

ノンノの読者だった、というのがイメージ。

 

 

4、ライフオーガナイザー。

 

こちらは二手に分かれます。

最近の主流ライフオーガナイザーはキラキラ系女子。女子力、きれいな奥さんであり綺麗なママを目指し、子供にイライラしない子育てを本気で考えている。

プチプラと一点豪華主義を合わせたファッションが注目されている。

物の量は多く、何でもかんでも同じ規格の箱に入れて片付けるのが得意。特に粉物はみんな同じケースに入れている…

VERYな人がイメージ。

 

後者、元来脳の癖を利用したこちらが本家本元のお片付けライフオーガナイザー。

お片付けが苦手だったが自分の癖を知り、うまく片付けができるようになった人々。

私もできたからみんなもできる、と人の役に立ちたいなぁという印象がある方々。

自分にとってわかりやすいものの整理の仕方が得意。

前者よりは物が若干少なめだが、ライフオーガナイズはそもそもモノの量にこだわっていない印象です。

 

 

最後に、ときめくものだけ残す、お気に入りだけを残すこんまり流お片付けは、すべてのお片付け四派閥を網羅しています。

こんまり流お片付けが最強であるのは間違いありません。

 

以上勝手なお片付け考察、でした!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
にほんブログ村