読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rund’s blog

身軽に生きる。

おしゃれとは。

私服の制服化、ミニマルに生活するとここに行きつくようです。

 

服を10着程度で回す、とても合理的で素晴らしいと思います。

体は一つであるし、10着程度に服を絞ると自ずとテイストが統一され、その方のスタイルが現れるものです。

 

 

絞りに絞ったお洋服をブログにて拝見するのが楽しみな私。

ブログでお洋服を発信する肩を見てみると、大きく分けて『おしゃれ系お洋服』と『実用系お洋服』の所持に分かれています。

 

おしゃれ系でもさらに、

流行りを取り入れる、①『流行敏感』

昔から自分の好きなテイストが決まっている、②『スタイル確立』

があります。

 

 

①は若い女性に多くGU、ユニクロで流行ものを取り入れる『ファストファッション

②においてはアラフォー付近に多いいぶし銀で知られたメーカーのものを、マイナーチェンジしている今年の形で取り入れる『トラディショナルファッション』

であることが多い気がします。

 

 

実用系お洋服では

減らした中でこれは着ている、みすぼらしくない、お気に入りというものだけが選ばれた③「現在進行」

今の生活や暮らしぶりに合わせた④「機能重視」があります。

 

 

ブログから見ておしゃれな人と支持されているのは、

インテリア、暮らし、生活が「確立された人」であり、それを身を持って「分かったと思われる方」であると思います。

①~④すべて共通しています。

確立された人は、ユニクロや無印を取り入れてもその人になる①し、

昔から素敵なものを知っていて、いいものは長く着れることを身をもって知っているだろうし②、足るを知ったから厳選された③のだろうし

今に合うものを知っている④のです。

 

 

 

これとは別ですが私の思うおしゃれな人の共通点は、

お化粧をきちんとしている女性です。

 

厚化粧ではなく、すっぴんでもなく。

 

おしゃれは年代によって取り入れるものは違いますが

お化粧をきちんとしている、は年代を超えて共通です。

10代のおしゃれファッショニスタたちもファンデーションは塗らなくてもきれいなお肌ですが

アイメイクのみ、リップとチークだけなどおしゃれをするときはトータルでやっています。

 

ブログではお顔が載せられないので、わかりませんが

実際のおしゃれに気を使っていらっしゃる方ほどお化粧をきちんとしています。

 

 

おしゃれはセンス、感性の問題と言われたらそれまでですが、

暮らしを貫徹している人は感性もよくなります。

万人受け、を気にしないこともおしゃれと感性につながると思います。

 

綺麗目な服が好き、

マニッシュな恰好が好き、

フリルやレースが好き、

ナチュラルな素材が好き、

タイトな服が好き、

モノトーンな服装が好き、

機能美で動きやすいものが好き、

 

 

好きなものを一点集中させるだけでも、確立した人になると思います。